司法書士試験の勉強方法
 司法書士試験の受験勉強としては、大きく分けると独学と受験予備校を利用する方法とに2つに分けられます。

1.独学
 司法書士試験の範囲は非常に広いので、独学で勉強するには強靭な意志が必要です。
 資金的に余裕があれば、受験予備校を利用することをお勧めします。

2.受験予備校を利用する方法としては、さらに、2つに分けられます。

@通学コース
 この方法は、直接、講師の講義を受けられるので、メリットは大きいです。
 しかし、近くに、予備校がない場合や働いていて通学する時間がない方には向きません。

A通信教育
 通信教育は、地方で近くに予備校がない方やまとまった勉強時間がとりにくい方に向いています。


具体的な勉強方法

1、基本テキストと問題集を車の両輪のように使いこなすことです。

2.テキストは、予備校が発行しているものが効率的です。
 まず、テキストを一気に読み、各科目の全体像を掴みます。
 2度目は、テキストを精読していき、各章が終わったら、その章に関する問題集を解きます。これを繰り返して、理解と知識を定着していきます。

3.予備校が主催している模擬試験をできるだけ受けて、実践感覚を養いましょう。
 また、予備校を利用すると勉強のペースが掴みやすいです

HOME

バンド ランダム
ホムペ編集 ホムペ作成


(C)ecaco